Oscilloscope入手

古い「デジタルオシロスコープ」を入手。20Mhzまでだが、オーディオ関連では十分かな?PCとのインターフェースはRS232C。アプリはWindows98対応とか、Windows10の98互換モードで何とか動いている。
またしばらくは遊べそうです。( ^)o(^ )

入手したのは「Witting Technologies」の「BenchScope22-300」という得体のしれないもの?
20MHz 100MS/s Two Channel Digital Real-Time Oscilloscope と書いてある。
情報はwebからでも入手してみる。

日帰り「富士山周遊」してきました

久しぶりの投稿です。

このお盆休み、孫たちと共に「富士山周遊」をした。自宅を5時出発、東名御殿場、東富士五湖道路経由で最初の目的地「鳴沢氷穴」「富岳風穴」へ、表示では「現在の気温:0°C」結構涼しいね!

氷の山や、つららが・・・。この猛暑の中最高の気分。

 

続いては、本栖湖湖畔、

結構の家族連れがキャンプや水遊びを楽しんでいた。

 

朝霧高原では孫たちが乗馬を楽しみ(結構高いよ!・・500円)、昼食をとった。駐車している車を見ると、地元が結構多い。ペットを連れての散歩、ドッグランの利用などなのだろうか?
午後は、白糸の滝、富士サファリパークに立ち寄り帰宅は8時ころだった。時間的に厳しくもなく、目的(孫の夏休み行事)を果たすことができた。

真空管PHONOイコライザー+入力セレクター作りました

大昔から持っていた古~い真空管とトランス、その他を使って真空管フォノイコライザーを作りました。イコライザーだけではちょっと物足りないので、入力切替機能も組込みました。

イコライザーは12AX7Aを使ったCR-NF型、入力切替にはMNカーブの可変抵抗器でのバランス、Aカーブのボリューム(クリック付き)を入れ、12AU7を使用して前段直結のカソードフォロアで出力するようにしました。

 

 

 

久々の本格的な電子回路組立(?)をしました。

全体が組みあがったところで火入れ、音出し・・・。心配していたハム音もさほど気にならない程度に収まりました。部品を見て、思い立ってから約1か月の工作でした。

最後の仕上げは、カバー作り。

「ホトトギス」今年も咲きました

我が家の「ホトトギス」今年も若干遅めですが花を見せてくれました。

自然の野に咲く「ホトトギス」と比べれと、細くなってしまいましたが、今年も我が家の「ホトトギス」が花を見せてくれました。

このホトトギス、かれこれ数十年前に実家山形の庭に生えていたのを少しだけ持っていたもの。

 

 

最初は直植えだったのだが家の建て替えの時、鉢に移植したもの。

肥料のやり方が分からず、細ってしまった。
でも毎年けなげな花を見せてくれています。